作業に必要なもの

一般的に外壁塗装を行なうときは建物の外周に一遍に足場を架けて外壁塗装を行います。しかしながら外部足場を設置している間は外に洗濯物を干せませんので住民にとっては不便です。外壁塗装の作業の進行に合わせて外部足場を架けることはコスト的なことを考えると得策にはならないケースが多いのですが、作業計画の立て方によっては効率よく施工することは可能です。足場を自立させなければなりませんのでこの点については工夫を要しますが、このことさえクリアーできれば外壁塗装工事を行っている場合でも部屋によっては洗濯物を外に干せるようになります。工事期間を全面足場と同じ期間で計画できればコスト面でも変わらなくなります。

日本の住宅は木造が多いので外壁塗装を足場を設けて行うようになったのはそれほど昔の話ではありません。最近の住宅では定期的に外壁塗装を行わなければいけません。外壁塗装を怠ると直射日光や風や雨の影響で外壁に亀裂が生じて雨漏りなどの不具合が発生する原因となります。外壁塗装を行う場合には最初に必ず水で外壁を洗浄して防水に亀裂が生じていないかを点検しなければいけません。目視て点検したうえで異常がないことを確認したうえで外壁塗装工事を行います。万一亀裂を発見した場合には事前に防水工事を行うことになります。シートやコーキングを施工したうえで本格的な外壁塗装工事を行います。一般的に10年ピッチで工事を行えば安心だと言われています。