家の外壁問題

住宅の外壁は遠くからでも目に付く場所であるため、外壁塗装を行うということは見た目を美しくするという意味において、非常に効果的な場所です。 一般的な戸建ての住宅であれば、基本的には100万円以内で工事は済みます。 塗装と聞くと軽度なイメージを持たれる事もありますが、実際に外壁塗装を行うとなると、塗装範囲が広くなるために人件費や足場などの経費は多くかかります。 足場だけでも一般的な住宅で施行する場合でも20万円弱しますし、塗料代だけでも数十万円必要となります。 塗料に関していえば、塗料の耐久性如何によって費用が大きく変わる要因でもあります。

外壁塗装を行う場合に、選択肢として登場してくるのが塗料です。外壁塗装に用いられる塗料には数種類あって、その中でも頻繁に用いられる塗料として、アクリル樹脂塗料にシリコン樹脂塗料、そしてフッ素樹脂塗料の三種類があります。 それぞれに様々な特徴を有していますが、それぞれ異なるところは耐久性です。外壁塗装は何よりも耐久性を重視しているため、耐久性が高い塗料ほど費用も増えます。 さらにこれらに加えて最近では、耐久性だけでなく別の特徴を有した塗料にも人気があります。 有名なところで言うと、太陽光によって汚れを分解する効果を有する光触媒塗料や、太陽光によって外壁の温度上昇を防ぐ効果を有する、断熱塗料や遮熱塗料があります。